就労継続支援A型事業所|障がい者を応援・就職・就労の機会活動を提供するサービスです。

利用者募集見学のご案内 お仕事依頼はこちら
アクセス

就労継続支援
A型事業所
ウィンドバレー

〒066-0029
千歳市稲穂1丁目8番8号
千歳市森林組合ビル3階 TEL 0123-25-6191

ウィンドバレーとは

北の大地から、新しい風を起こす。
北海道の玄関口である千歳の旧地名はアイヌ語で「シコツ(大きな窪地、文は谷)」と呼ばれていたというのは、よくご存じのことと思います。
このいわば、谷「バレー」から、障がい者福祉さらには、社会へ、北の大地から全国へ新しい風を起こす、そんな願いを込めて命名しました。

「新しい風」というのは、
高い工賃を実現するために、旧来の常識にこだわらず、一般就労を前提として
パソコンを使った事務仕事を、A型事業所の生業として取り組みます。その一つのゴールが経理業務、記帳代行の仕事です。

ひとくちで、経理といっても、いろいろな仕事があります。狭い意味では、簿記や伝票といった職人芸の経理業務、しかしながら、中小企業での経理担当者は、広い意味での経理業務を行い。それはまるで、多能工といって良い縁の下の力持ちです。
総務から、社長秘書、営業補助、時には、現場の応援にもでるかもしれません。

我々は、地元の中小企業で、頼りにされる、そんな人財育成を目指す所存です。
この高い志を持った利用者が、一陣(いちじん)の風となり世に広がっていく、いつか誰もが働きやすいバリアフリーの世の中が実現されるまで、私どもは、利用者・地域・
職員が一体となって日々精進してまいります。

経営方針・経営理念

<経営方針>
利用者の社会的自立が目的であり、
一人ひとりの長所を伸ばすことを最優先と考えます。
根気よく、愛を持って利用者に接し、お互いに支え合い、社会的自立への支援を行います。

●運営スタッフの約束
1:一人ひとりの長所を伸ばすことを最優先とする
2:根気よく、愛を持って利用者に接すること
3:常に利用者の長所を活かすサービス、利便性の高いサービスを考えること

●利用者の約束
1:施設内では誰に対しても敬語を使い、挨拶をすること
2:他人と自分を比べないこと
3:常に前向きで、明るい未来の為に一生懸命働くこと

<経営理念>
『自分の成長とともに 助け合い思いやりをもつ』

会社概要

会社名 株式会社ウィンドバレー
事業所名 就労継続支援A型事業所 ウィンドバレー
所在地 〒066-0029

千歳市稲穂1丁目8番8号 千歳市森林組合ビル3階

電話番号  0123-25-6191
役員 代表取締役 後藤 光
設立 2015年7月6日
資本金 3,000,000円
事業所内容 障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス

施設案内

■事務所

写真準備中です。

施設立地

ウィンドバレーでは、ご希望に応じて利用者の送迎をおこなっております。
千歳駅・恵庭駅・恵み野駅・左記駅の近郊

アクセス

JR 千歳線 長都駅東口より徒歩道の駅「サーモンパーク千歳」から500m
バス停「稲穂1丁目」から徒歩5分
千歳駅から1.4km車で3分、徒歩で20分